×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レアジョブ 体験

高校生でも英語ができる人は大学受験が有利?

前回の記事では、
これから訪れる圧倒的な英語需要についてお伝えさせて頂きました。

 

今社会で、英語というものが如何に必要とされているかを理解しておくことは、
絶対損にはなりません。

 

英語学習自体、本当に根気強さが必要で、
何故勉強しているかを必ず理解しておく必要があります。

 

今回は、英語が話せる人は、今どのような優遇を受けているか。

 

【高校生でも英語ができる人は大学受験が有利?】
英語の恩恵って具体的に何でしょうか。

 

小学生、中学生の時に、英語を勉強する理由って、
英語を勉強したら、今すぐ何々できるとかではなく、(テストは除く)
おそらく将来の為だと思うんですよね。

 

では、将来の為って何でしょうか?

 

前回も話しましたが、社会に出てから、
英語ができることによって、入社に有利になるとかの話でしたよね。

 

でも、英語の恩恵を受けるのってそんなに遠い話ではないんですよね。

 

題名にもあるように、大学受験においても英語の恩恵は十分に受けるのです。

 

一例を挙げますと、

 

高校受験の時、例えば僕の母校同志社大学では、

 

最近、グローバルコミュニケーション学部という(カリキュラムが、あり得ないくらい魅力的)学部ができました。

 

そのグローバルコミュニケーション学部へ入る為には、TOEICという語学試験でのハイスコアが要求されます。

 

それを満たしていさえすれば、後は面接や小論文を、上手くこなすだけです。

 

 

逆に、なかなかスコアを満たすことができない受験生が多いので(今のところは)競争率も高くないのです。
要するにかなりお得な受験となります。

 

同志社大学に限らず、早稲田大学や慶応大学などの有名私立では英語ができることによって、

 

入学が優遇されるような制度が必ずと言っていいほどあります。